かなりコアな将棋ファンが、将棋以外で読んだ本をご紹介します。「パパ育児日記」と化しつつあるのは秘密の方向で。
  スポンサーサイト  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△

  回復基調  2006.05.10.Wed / 09:04 
たまには将棋の話でも。

24で瞬間的に3級まで転落していましたが、
徐々にRが回復してきて1級手前まで戻ってまいりました。

理由は以下の2つ。

(1)戦型を矢倉と相振飛車だけに限定した。

 今まで矢倉と相振飛車って「もっとも避けてきた戦型」だったんです(笑)
 やってみたら面白いのなんのって(ぇ)
 「じっくり駒組みして、自玉の反対側の桂で敵玉を攻められる
 っていうのが棋風にピタリ合うようです。
 「囲いが“戦う城”である」というのもいいですね。
 指しこなすだけの力がいつの間にかついてた、ってのもありますね。

 今まで好んで指してきた角換わり・横歩取りは封印。(一手損角換わりも含む)
 どちらも「玉が薄くてギリギリの攻めをつなぐ」のが魅力ですが、
 逆に「上手く攻め切れなかったらハイおしまい」なんですよね。お互いに。

 対振飛車戦も封印。
 正直、美濃の堅さに辟易してます( ノ´Д`)丿
 「じゃ、居飛穴やればいいじゃん」ということになりますが、
 居飛穴独特の序盤感覚はどうも苦手なんですよね。
 「飛車側で捌きあった時点で(素人目にも)終わっている」という展開が多いのもしんどい(笑)


(2)定跡流行形はやらない。その代わり、自然に指す。

 矢倉の流行はやっぱり▲4六銀戦法なんですけど、「所詮は“歩越し銀”」。
 スピードはあるが進展性はないので、仕掛け始めたら流れるように責める展開がしんどい。
 それよりかは、昔の基本だった
 「▲3五歩△同歩▲同角で歩交換して、▲3六銀と進める
 を目指すようにしてます。

 一時期、5筋不突きの矢倉にもチャレンジしてましたが
 やはり不自然ですね。面白いですけど。


なんか、流行と真逆の方へ行っていますが、
こう方針転換してから将棋がすごく楽しくなってきましたヽ(´▽`*)丿

まぁ、こういうことやってちゃ高段者にはなれないんでしょうけどね。
スポンサーサイト
テーマ:将棋 - ジャンル:趣味・実用
No.116 / 将棋関連 /  comments(5)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△

COMMENT TO THIS ENTRY
- from カケル -

そんなロッキーさんにはこのサイト。(もう知ってるかなw)
http://chiba.cool.ne.jp/tk1974/
矢倉・相振り飛車の研究だそうで。。。

2006.05.10.Wed / 18:24 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from keme -

矢倉と相振りですか。
どちらも頭が痛くなりそうです。
将棋が楽しくなられたと言うことは
また大きく羽ばたく前兆ですね。

2006.05.10.Wed / 19:36 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from Rocky-and-Hopper -

>カケルさん
ご紹介ありがとうございます。
少し見させていただきました。
ただ、いましばらくは研究を見ないようにしています。
またよろしくおねがいいたします。

>ケメさん
ケメさんは矢倉はやらないんでしたっけ?
相手がどうしても矢倉に組みそうなときはどうなさってますか。

2006.05.10.Wed / 21:38 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from keme -

色付きの文字右四間飛車で攻めまくりです。

2006.05.11.Thu / 12:39 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from Rocky-and-Hopper -

右四間飛車ですか~、なるほど。怖いですね。

矢倉やり始めてしばらく経ちますが、
右四間やその他急戦で来られる方は案外少ないです。

2006.05.11.Thu / 15:41 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

  非公開コメント
TRACK BACK URL OF THIS ENTRY

TRACKBACK TO THIS ENTRY

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

Rocky-and-Hopper

Author:Rocky-and-Hopper
在野の将棋ファンです。「寄せの構造 with 棋書ミシュラン」で棋書(将棋本)の評価などをしています。
妻(HN:やよひ)と娘(HN:かほり)との三人で暮らしています。
名古屋在住、197X年生まれの物理系エンジニア。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

FC2ブログランキング

最近のコメント

CopyRight 2006 将棋ファンが読む、将棋以外の本。 All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。