かなりコアな将棋ファンが、将棋以外で読んだ本をご紹介します。「パパ育児日記」と化しつつあるのは秘密の方向で。
  スポンサーサイト  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△

  将棋必死集  2006.05.22.Mon / 09:01 
高校時代、学校から配布されていた数学の問題集・参考書は
  「チャート式○○」(○○=数Ⅰとか)
  「スタンダード○○」
でした。
どちらも数研出版

「チャート式」は解説が詳しいのが魅力。
まぁ、これさえも分からないレベルだとつらいのですけどね。

一方の「スタンダード」は、ひたすら問題集で
巻末には最終的な答えのみ。
解法も、記述式解答も一切ありません。
一応、別冊でポイントのみが書かれた「解説集」があるんですが、
最初はもらえないんですね。

数学は比較的得意な方でしたが、
夏休みの宿題に「スタンダード」の問題を指定されるのがすごく苦痛でした。
問題が解けなくてつまずいたとき、
解決法がまったく書かれてないので先に進めないのです。
夏休み42日間、どんどん泥沼にはまっていくばかりで
結局宿題を放棄してました。


えーと、なんでこんな話をしたかというと。
2ちゃんねるの棋書スレで「将棋必死集」の話題があり、
その中でうちの書評について書かれていたのですね。

398 :名無し名人:2006/05/20(土) 14:30:42 ID:4SGqG+OG
「将棋必死集」山海堂
前田祐司著
200問程度の必死問題が載っている。
必死問題は最近の本と比較して完成度が高くて結構いいと思う。



403 :名無し名人:2006/05/20(土) 15:13:58 ID:TybvShAo
>>398
ミシュランでCだぞ
まあ簡単なのなら解説要らんけど


404 :名無し名人:2006/05/20(土) 15:20:18 ID:pxeBf2GI
>>403
それは、必死問題のルールが明記されてないからなんだけど、
読んでるうちにルールは大体わかるから、C判定はちょっと低いと思う。
「ザ・必死」「詰みより必死」が難しい人に、ぜひオススメしたい本です。


405 :名無し名人:2006/05/20(土) 15:24:47 ID:TybvShAo
>>404
問題数多いのは良さそうだね
問題は他のとダブった問題が無いかって事なんだよ
まあ大丈夫そうだけど



406 :名無し名人:2006/05/20(土) 15:26:40 ID:pxeBf2GI
・・・と思ったら、解説自体も少なくて低評価なのね>将棋必死集
この本で強くなった自分としては少し残念だけど、まあ仕方ないか。


407 :名無し名人:2006/05/20(土) 15:27:37 ID:ZQjXO7yT
>>404
確かにC判定は低すぎる。
必死本の中では出来は上の方だと思うぞ。

昔の本なのでレイアウトが古いのは気になるが
問題自体は良問でやさしいのが多いので初級者にはいいトレーニングになる。

「ザ・必死」とか特に中盤以降有段者でも難しいのがあるくらいなので
その辺はレベルに応じて使い分けるがいいんじゃないかな。



408 :名無し名人:2006/05/20(土) 15:30:58 ID:DSXbLnek
必死本なら詰みと必死ハンドブックがいいんじゃね
必死入門書なら最高級にオススメできる


411 :名無し名人:2006/05/20(土) 19:43:13 ID:pxeBf2GI
「将棋必死集」は、問題自体は量も質も文句無しに最高なんだけど、
必死問題のルールが明記されてないのと解説が淡白なのが不満、
というのがロッキー&ホッパーさんの意見だそうだ。



413 :名無し名人:2006/05/21(日) 02:55:48 ID:KWOmW9w3
最初にルールと基本を覚えたらあとは多くの問題を解くのがいいと思う。
ルールとか解説とかにページ割くより問題が多い方がいいと思うけどなぁ。
次の一手問題集なども含め、問題の質で評価して欲しい。


414 :名無し名人:2006/05/21(日) 03:51:25 ID:Zj+C4cXg
解説も暗記するぐらいに読み込んでしまえば、
応用がきくよ。



「評価Cが低すぎる」というご意見がありました。
BかCかで迷うレベルでしたが…やはりAにはなりません。



「将棋必死集」は、わたしの中では上記「スタンダード」と同じなのです。

すでに分かっている人には良問200題で良い問題集ですが、
あまり理解できていない人には「ハァ?」となります。

実は、低級のころに最初に買った必至問題集が「将棋必死集」でした。
最初は全然理解できずに投げ出していました。
その後、解説が詳しい「寄せの手筋168」や「ザ・必死!」などでコツをつかみ、
「将棋必死集」に戻ったら解けるようになっていました。
ただ、そのころには「将棋必死集」では物足りなかったです。



この辺は、それぞれの好みがあると思います。
「スタンダードの方がいい!」と言ってた同級生もいましたし。

棋書ミシュランの書評は、そのあたりを割り切ってお読みください m(_ _)m





※ちなみに、同様に解説がほとんどない「一手詰め・一手必至」には
Aの好評価をつけていますが、これは一手詰め300問への評価がほとんどです。
必至部分だけならC以下です。
スポンサーサイト
テーマ:将棋 - ジャンル:趣味・実用
No.125 / 将棋関連 /  comments(4)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△

COMMENT TO THIS ENTRY
- from Higashionna -

私も必至問題集は、解説がないと「ハァ?」ですよ。
詰め将棋の方が、ルールも知ってるし読みやすそうだからいいや。(笑)

2006.05.22.Mon / 11:47 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from Rocky-and-Hopper -

ひがしさん、ひさしぶりヽ(´ー`)丿

この辺はホント好みですよね。
「詰将棋本も解説などいらん!」という方もいますし。

2006.05.22.Mon / 14:05 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from カケル -

たしかに評価があれ?と思うものもいくつかあったりしますが、棋書を書くのも人間なら読むのも人間ですから好き嫌い・合う合わないがあって当然だと思います。
ぼくは必至本4冊もってますが、2つは解説多。もう2つは解説少。です。解説が多いほうは完読しましたが少ないほうは読む気が減ったのも事実です。(問題も難しいけど)
まぁつまりは参考程度、自分の評価は自分で決めなきゃダメですね。

あ、数学の問題集は4STEPですw(数研出版

2006.05.22.Mon / 15:09 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from Rocky-and-Hopper -

>カケルさん
> まぁつまりは参考程度、自分の評価は自分で決めなきゃダメですね。

そうですね。
うちでAの本が白砂さんの評価ではボロボロだったりしますしね(笑)
参考としてみていただけたら、と思います。

> 数学の問題集は4STEPです

いっこ下の学年から4STEPになってました。
スタンダードは3段構えですが、4STEPは4段構えでしたよね。
実質的にはあまり変わってないようですが(笑)

2006.05.22.Mon / 16:06 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

  非公開コメント
TRACK BACK URL OF THIS ENTRY

TRACKBACK TO THIS ENTRY

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

Rocky-and-Hopper

Author:Rocky-and-Hopper
在野の将棋ファンです。「寄せの構造 with 棋書ミシュラン」で棋書(将棋本)の評価などをしています。
妻(HN:やよひ)と娘(HN:かほり)との三人で暮らしています。
名古屋在住、197X年生まれの物理系エンジニア。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

FC2ブログランキング

最近のコメント

CopyRight 2006 将棋ファンが読む、将棋以外の本。 All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。