かなりコアな将棋ファンが、将棋以外で読んだ本をご紹介します。「パパ育児日記」と化しつつあるのは秘密の方向で。
  スポンサーサイト  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△

  勝ちました。 ─中田章道六段指導将棋─  2006.02.25.Sat / 00:00 
飛落ち3局目、勝ちました。勝っちゃいました。
3連勝しましたので、次回は角落ちです。


ありえねぇ。
というか、いまだ信じがたい気分です。


もちろん、「\(^o^)/ワーイ!!」な気分なのですが、
同時に「f(^_^;)」だったり「(・_・;)」だったり。


(1)あっさり飛落ち3連勝してしまった。

 二枚落ちでは丸3年、24局もかかってますからね・・・
 飛香落ちも最初連敗してますし。

 あのころと今と、そんなに棋力的に成長したのかどうか、自覚がありません。
 24のRも停滞してますし。

 確かに、「二枚落ちと飛香落ちの差」に比べれば、
「飛香落ちと飛落ちの差」は小さいと言われてますし、
 比較的勝ちやすい巨泉流を選択しているのもあるのですが・・・

 ちなみに中田六段が衰えたわけでもないようです。
 実際、うちの部員の皆様は今回も二枚落ちで全滅してましたし(汗)


(2)事実上、最後の昇級。

 一応、飛落→角落→香落→平手なのですが、
 指導将棋で香落や平手はないのでは・・・
 いやまぁ、そんなことは角落で勝ちこんでから考えればいいか。
 (だいたい、角落でそう簡単に勝てるわけないじゃんねぇ)


(3)そんなに心臓バクバクしなかった。

 二枚落ちでは苦労しましたからねぇ。
 いよいよ卒業できるかも、という形勢が目の前にあるとき、
 そりゃぁ心拍数上がりました。
 汗もびっしょりでした。

 でも、今回はそんなに緊張しなかったんですね。
 勝負慣れしたのか、強くなったのか、オトナになったのか(ぇ)・・・



まぁなんやかや言っても、満足な将棋でした。
特に最後の決め手は、わたしの将棋人生で五指にはいるかと。


棋譜は、近いうちに[中田章道六段との指導対局]に掲載いたします。
今回は先生のコメントがなかったので、自戦記のみで。
スポンサーサイト
テーマ:将棋 - ジャンル:趣味・実用
No.19 / 将棋関連 /  comments(4)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△

COMMENT TO THIS ENTRY
- from GO! -

凄いですね。
プロに角落ちということは、トップアマと同等。
次に狙うはアマタイトルか、県代表か(笑)。
おめでとうございます!
今日はいろいろな朗報が多い日ですな。

2006.02.25.Sat / 00:16 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from Rocky-and-Hopper -

ありがとうございます。
でも、トップアマは、「A級と角落で互角」ですからね?
わたしは角落でまともに戦えるかどうかも定かでないので、
まずは四連敗しないようにがんばります。

「今日の朗報」というと、荒川静香選手の金メダル・・・
他にも何かありました?

2006.02.25.Sat / 16:26 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from すなもか -

普段は24がメインの主戦場のようですね^^
米長棋聖のチャット指導・・・面白かったです(笑
指導対局はリアルで受けていらっしゃるのでしょうか?巨泉流かぁ~面白いですね^^海外ビジネスだけじゃないんだ(爆

また覗かせていただきますm(__)m
まずはごあいさつまで・・・。

2006.03.01.Wed / 10:31 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from Rocky-and-Hopper -

すなもかさんのブログには、FC2の将棋カテゴリからたどり着きまして、
昨日拝見いたしました~ヽ( ´ー`)丿

すなもかさんはハンゲームですか。
わたしはネットではずっと24ですね。
(ていうか、24がなければリアル対局もHPもやっていなかった)

中田六段との指導対局はリアルです。
2ヶ月に1回のペースで、会社の将棋部まで脚を運んでいただいてます。
「巨泉流」で検索かけると「巨泉流 成功!海外ステイ術」や「巨泉流メジャー・リーグを楽しむ法」が出てきますが、
『<a href="http://snow.freespace.jp/Rocky-and-Hopper/Kisho-Michelin/0076/0076-480093-2253.htm">巨泉流飛車落定跡</a>』も立派に存在した本です。
飛落ち・右四間で壁を感じている人には、一読の価値ありかと。

またお越しくださいね~ヽ( ´ー`)丿

2006.03.01.Wed / 11:14 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

  非公開コメント
TRACK BACK URL OF THIS ENTRY

TRACKBACK TO THIS ENTRY

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

Rocky-and-Hopper

Author:Rocky-and-Hopper
在野の将棋ファンです。「寄せの構造 with 棋書ミシュラン」で棋書(将棋本)の評価などをしています。
妻(HN:やよひ)と娘(HN:かほり)との三人で暮らしています。
名古屋在住、197X年生まれの物理系エンジニア。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

FC2ブログランキング

最近のコメント

CopyRight 2006 将棋ファンが読む、将棋以外の本。 All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。