かなりコアな将棋ファンが、将棋以外で読んだ本をご紹介します。「パパ育児日記」と化しつつあるのは秘密の方向で。
  スポンサーサイト  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△

  さおだけ屋はなぜ潰れないのか?  2006.02.01.Wed / 10:07 
小学4年生のころ。
学級会で、M先生はかなり怒っていた。
なんで怒られていたのかは思い出せないが、
みんなうなだれて先生の怒りが収まるのを待っていた。

教室の空気は張り詰めていたが、長時間怒られていたので微妙に中だるみもあった。
M先生もちょっと疲れてきたようで、だんだん言葉の間が空いてきた。
数秒の沈黙が続いた、次の瞬間。

「♪た~けや~~~ さおだけ~~~」

わたしは噴き出した。みんなも笑ってた。先生も笑っちゃいました。
怒られていた理由も忘れるほど、空気が和やかに。
あのさおだけ屋は、きっと教室の様子をモニタリングしていたに違いない


さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学
山田 真哉

光文社 2005-02-16
売り上げランキング : 26

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




冒頭の話はただの戯言です(汗)

正直、さおだけ屋はなぜ潰れないんでしょう?
石焼イモやワラビ餅と違って、
「あ!さおだけ屋来た!買いに行こ!」とは思いませんし、
実際に買っている人を見たこともありません。



実はさおだけ屋は○○で△△なのです。だからつぶれないのです。
さすがにネタバレなので書けませんが、まっとうな商売です。
ちなみにスパイや警察関係者ではありません。
教室に隠しカメラを設置したりなどしません(笑)

その他には
「普通の住宅街に高級フランス料理店?」
「完売御礼なのに社長が激怒!」
「会計監査は森を見て木を見ず」
といった、「そういえばそうだよね。どうして?」という日常の疑問を
「会計」にくっつけて話が進んでいます。



会計というといかにも難しそうですが、
わたしのようなどシロウトにも十分面白く読めました。
普段お金に直接関わる仕事をしていない人や、若手サラリーマンにはオススメです。

本書は会社の研修所の1Fに置いてあったので、
休憩時間に読んでいたのですが、1時間ちょっとで読めました。



ところで、プロの将棋指し──プロ棋士はどうやって収入を得ていると思いますか?
スポンサーサイト
テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌
No.2 / ベストセラー /  comments(1)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△

COMMENT TO THIS ENTRY
- from ヵヮィィ☆ブログランキング -

ブログ開設おめでとうございます。
この度、新規にブログの検索&ランキングサイト立ち上げました。
ブログを拝見させていただき、内容もよく、大変よくできているブログであると感じました。
このブログを【bitz】に登録して、もっと多くの人に読んでもらいませんか?
各カテゴリ上位のブログにはトップページから直接リンクされるので、
多くのアクセスとSEO効果が期待できます。
宜しくお願い致します。

ヵヮィィ☆ブログランキング【bitz】
http://bitz.tv/brank/

参加をお待ちしています☆

2006.02.02.Thu / 03:10 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

  非公開コメント
TRACK BACK URL OF THIS ENTRY

TRACKBACK TO THIS ENTRY

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

Rocky-and-Hopper

Author:Rocky-and-Hopper
在野の将棋ファンです。「寄せの構造 with 棋書ミシュラン」で棋書(将棋本)の評価などをしています。
妻(HN:やよひ)と娘(HN:かほり)との三人で暮らしています。
名古屋在住、197X年生まれの物理系エンジニア。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

FC2ブログランキング

最近のコメント

CopyRight 2006 将棋ファンが読む、将棋以外の本。 All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。