かなりコアな将棋ファンが、将棋以外で読んだ本をご紹介します。「パパ育児日記」と化しつつあるのは秘密の方向で。
  スポンサーサイト  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△

  中国へ行ってきます  2007.03.09.Fri / 13:08 
あさってから2週間ほど出張します。
行先は中国。

もうね、憂鬱ですよ。(´・ω・`)ショボーン
やよひ&かほり(2歳3ヶ月)には会えないし、
遊びじゃないし、
そもそも海外旅行が好きじゃないし。

気持ち的には普段と違う時空間を楽しんでこようとは思ってますが・・・


まずはタクシーの運ちゃんに中国語で行先を言って、通じるかどうかですね(笑)
声調がちゃんと合ってないとまるで通じないらしいですから。
中国出張数回以上のS君も、タクシーで行先が通じる確率2割くらいらしいです。

もし通じたら、帰国後報告しますわ。
報告なかったら、惨敗したと思ってください( ノ´Д`)丿
スポンサーサイト
No.240 / 日記・雑記 /  comments(4)  /  trackbacks(1) /  PAGE TOP△

COMMENT TO THIS ENTRY
- from すなもか -

中国将棋でも楽しんできてください(笑
お子さんと会えない気持ち・・・わかります^^:

2007.03.09.Fri / 19:35 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from Rocky-and-Hopper -

いやー、実は仕事なのに
通訳もつかないんですよ(´・ω・`)
なので、現地の人と仕事以外でしゃべることがほとんどなさそうなんです。

中国語は習い始めたばかりで、ピンインがまともに読めるようになった程度。
買い物も満足にできないですねー( ノ´Д`)丿

2007.03.09.Fri / 22:47 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from 70年代命 -

(ご出国後の書き込みですが・・・・)
お~、ついにBRICsにデビューするんですね。
北京か上海か重慶かでも、印象はかなり異なるでしょうね。
中国の人はシャープな方が多いと思いますが、加えて、
あまりぎすぎすがつがつしていない人と一緒だといいですね。
私はいまでこそ英語だけは大丈夫なんですが、
生涯初の海外出張では、通訳なしの単独行で、意思の伝わりにくいことが多く、
最終日近くでブチ切れたことがあります。

2007.03.14.Wed / 20:15 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from Rocky-and-Hopper -

>70年代命さん
ついにBRICsのCに行ってきましたよ。
結果は・・・次のエントリーのとおり、散々です( ノ´Д`)丿
まぁ次の機会を待つということで(´・ω・`)ショボーン
でも、中国語入門をやってる甲斐あって、
1/100くらいは理解できましたよ(笑)

英語だいじょうぶですかー。すばらしいですね。
わたしは自分の意思を伝えることと、
ゆっくりしゃべってもらえば相手の言うことも分かりますが
ビジネス会話は全然無理ですね。

2007.03.17.Sat / 23:44 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

  非公開コメント
TRACK BACK URL OF THIS ENTRY

TRACKBACK TO THIS ENTRY
声調声調(せいちょう)またはトーンとは、言語において音の高低のパターンを区別することをいう。どんなパターンがあるかが問題であり、音の高低の位置的な違いを問題にする高低アクセントとは異なる。このような言語を声調言語(トーン言語)という。.wikilis{font-size:1
2007.03.13.Tue .No5 / 英語学習教習所 / PAGE TOP△

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

Rocky-and-Hopper

Author:Rocky-and-Hopper
在野の将棋ファンです。「寄せの構造 with 棋書ミシュラン」で棋書(将棋本)の評価などをしています。
妻(HN:やよひ)と娘(HN:かほり)との三人で暮らしています。
名古屋在住、197X年生まれの物理系エンジニア。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

FC2ブログランキング

最近のコメント

CopyRight 2006 将棋ファンが読む、将棋以外の本。 All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。