かなりコアな将棋ファンが、将棋以外で読んだ本をご紹介します。「パパ育児日記」と化しつつあるのは秘密の方向で。
  スポンサーサイト  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△

  相筋違い角  2007.05.15.Tue / 16:34 
昨日の24での将棋。わたしが後手。

   ▲7六歩 △3四歩 ▲2二角不成

3手目角交換(不成)


ノータイム3手目角交換(しかも不成)キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
挑発的な意味で「不成」が使われることがあると、よく話には聞いてましたが、
3手目▲2二角不成は初めてですわ。

   △同銀 ▲4五角

筋違い角


筋違い角 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
実はわたし、対筋違い角って全然嫌いじゃないんですよね。
父が筋違い角と原始中飛車ばっかりやる人だったんで、耐性できてます(笑)。

   △5二金右 ▲3四角 △6五角

相筋違い角


この後、△9四角と引く構想から駒組みをリードし、なんとか勝てました。
終盤グダグダで危なかったですけど(笑)



個人的には、この「相筋違い角」が最強の対策だと思っています。

   ・歩損しない。
   ・後手番だったのが先手番になっている。
   ⇒悪い道理なし

他の普通の対策だと、
「歩損の代償」として「手得+持ち角」を主張するわけですが、
やっぱり3筋の歩がないと駒組みしにくいです。
先手は比較的低い構えで来るので、なかなか角を打ち込むチャンスがないし。

それに比べて相筋違い角は、角や歩の条件は同じで手番だけもらったというわずかな得ですが、
なにも損していないのが非常に大きいと思います。


どうでもいいですが、
「あれ?この人 以前もやったことなかったっけ?」
と記録を調べてみたらありました。
なんと前回は6年前で、戦型は相中飛車(爆)
スポンサーサイト
No.254 / 将棋関連 /  comments(6)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△

COMMENT TO THIS ENTRY
- from GO! -

同じく「筋違い角」には「相筋違い角で決まり」派です。
理論も一緒。
これが本当の相思相愛…!?

ただ最近は角換わり一手損みたいなこともありますし、厳密にはどうか微妙ですけれど。

2007.05.17.Thu / 01:34 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from Rocky-and-Hopper -

>GO!さん

おひさですヽ(´ー`)丿

一手損角換わりや角交換振飛車の場合は、
手損すること自体が得というわけではなく、
「動かしたくない歩を動かさない」というところにありますゆえ・・・

相筋違い角の場合は、ある意味相矢倉や相振飛車のような駒組み合戦になりますので
(角を運用するためにいろんな場所の歩を突かないといけませんから)
手得の意味は十分あると思います~。

2007.05.17.Thu / 10:17 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from カケル -

ちなみに、矢倉~位取り派。
筋違い角はどう考えても働きが悪いので、打ち返す気はしませんね、得がないから。
ここらへんは棋風の問題でしょうね。

ついさっきレビューした『攻める振飛車の急所』で、大和証券杯の漢字が違います、證券⇒証券。どちらが正しいかわかりませんけど、連盟HPでは証券ですので。

2007.05.17.Thu / 22:36 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from Rocky-and-Hopper -

>カケルさん

ご指摘のところ、のちほど直しておきます。

まぁ、棋風としかいいようがないですね。
以前は位取りをしてたのですが(入門書に載ってた)
どうも合わないみたいで。
あと、筋違い角側の経験値のほうがどうも高くなるので、
あえて未知の世界に飛び込んでいます。

△6五角の瞬間、相手の手が停まるので面白いですよ(笑)

2007.05.18.Fri / 00:30 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from Higashionna -

この記事読んだ後に、対局しに24へ行きました。
2局目で筋違い角に遭いました。

・・・結果は、負け・・・・。(ちゃんちゃん)
私の場合は、主張する将棋よりも我が道を行くという将棋の方が向いてますわ。(笑)

ところで、筋違い角って流行りつつあるの?

2007.05.19.Sat / 14:59 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from Rocky-and-Hopper -

>ひがしおんなさん

おつかれさまですヽ( ´ー`)丿

> ところで、筋違い角って流行りつつあるの?

さぁ・・・
わたしはそんな話は聞いたことありませんが・・・
「武市流筋違い角の極意」が出版されてますが、
もう2年も前ですしね。

2007.05.21.Mon / 09:35 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

  非公開コメント
TRACK BACK URL OF THIS ENTRY

TRACKBACK TO THIS ENTRY

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

Rocky-and-Hopper

Author:Rocky-and-Hopper
在野の将棋ファンです。「寄せの構造 with 棋書ミシュラン」で棋書(将棋本)の評価などをしています。
妻(HN:やよひ)と娘(HN:かほり)との三人で暮らしています。
名古屋在住、197X年生まれの物理系エンジニア。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

FC2ブログランキング

最近のコメント

CopyRight 2006 将棋ファンが読む、将棋以外の本。 All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。